Services 提供サービス

IMC(統合型マーケティング)戦略

デジタルデバイスの台頭、購入チャネルの複雑化など消費者を取り巻く情報/購買環境は劇的に変化しています。そのため、アウェアネス(認知)獲得を主眼とした広告単体でのマーケティングや旧来型のメディアミックスでは、もはや消費者を購買まで導くことは難しい状況です。

インテグレートでは、メディアフリー・メソッドフリーの視点に立ち返り、関与するステークホルダーや社会世論を巻き込むことで、商品やサービスにとって最適な情報環境を構築していきます。

IMC戦略設計に取り組む際の「ありがちな思い込み」と本来の「あるべき姿」

ありがちな思い込み

  • マルチメディア(複数の媒体)で出せば、メッセージは同じでもかまわない
  • 広告ありきのコミュニケーション戦略立案

あるべき姿

  • メディアに限らず、あらゆるタッチポイントを考慮し、各場所に最適なメッセージを設定する
  • ステークホルダー、社会の情報環境も踏まえてあるべき姿を構築する

IMC(統合型マーケティング)における基本的なチャネル/コンテンツ概念

イメージ図

解決アプローチ

  • コアコンテクストに沿った、メディアフリー・メソッドフリーでの情報環境を構築。
  • 必要なコンテンツやステークホルダーを製作・交渉・手配。消費者の中にそもそも解決したいという欲求を増大させること、そして解決策を提案することを並行して行う。
  • KBO(Key Business Objectives)を指標としたIMC(統合型マーケティング)のPDCA体制確立
    ※ ビジネスゴール達成のために必要な具体的な戦略/アクション

ケース紹介

  • 消費財A:川上でのメディア露出による課題解決欲求の増大からブランド認知啓発、そして同時に店頭での受け皿の確保まで一気通貫でプランニング、実現をしV字回復。

インテグレートの各種サービスに関するお問い合わせや導入をご検討されているお客様の各種ご質問やご相談などを承ります。「お問い合わせフォーム」より、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ