About us 企業情報

役員紹介

代表取締役 CEO 藤田 康人

1964年、東京都生まれ。慶応義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、味の素株式会社に入社。甘味料事業部で低カロリー甘味料アスパルテームの開発・営業、ダイエットコークの製品開発などを担当。1992年、ザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を、フィンランド人の社長と2人で設立。むし歯予防効果のある甘味料キシリトールの厚生省への許認可申請などのプレマーケティングを担当。97年にキシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。2005年、日本PRアワード・グランプリを食品素材メーカーとしては史上初めて受賞。 2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication:統合型マーケティング)プランニングを専門的に実践するマーケティングエージェンシー、インテグレートを設立。著書に『カスタマーセントリック思考』(宣伝会議)、『The Real Marketing』(宣伝会議)、『どう伝わったら、買いたくなるか』(ダイヤモンド社)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)など。
代表取締役 CEO 藤田 康人

インテグレートという社名に込めた3つの「統合」

「情報」、「メディア」、「人」

「情報」の統合は、統一、均一を目指すのではなく、いくつかのメッセージが戦略的にデザインされ、組み合わされた状態、それが弊社の考える「情報」の統合です。 「メディア」の統合はすでに、様々なマーケティングエージェンシーが行っているサービスですが、弊社が行うメディアの統合には、2つの特徴があります。それは、客観的で、社会性や時事性に富んだPR発想から生まれた“情報クリエイティブ”を中心にしたメディア統合であるということです。つまり、多岐にわたるコミュニケーションのコンタクトポイントに、広告メッセージを流し込むのではなく、PRを中心にしたクロスメディア施策を実施します。もう一つは、マーケティングにおいて、非常に重要なタッチポイントである「店頭」と、近年のデジタル時代には欠かすことの出来ないWebをも含めたメディアニュートラルな統合であるということです。 「人」の統合は、多くの外部ビジネスパートナーとアライアンスを組みながら、高い専門性と高度なコミュニケーションスキルを保有して、最先端のソリューションパッケージをメソッドニュートラルに提供していく事です。 我々は常に現状に満足することなく、新しいチャレンジを行う企業として発展していくことを目指します。

企業情報へ戻る