BtoBマーケティングとは?

BtoBマーケティングとは

  • BtoBマーケティングと一口に言っても幅広い概念で、多く語られるのは見込み客を効率的に顧客へと誘う営業支援システム (SFA: Sales Force Automation)、昨今ではマーケティングオートメーション(MA)もこの領域に入り、長年のビジネス経験からターゲット顧客の設定や顧客化までのシナリオが固まっている場合に強い味方となります。
  • 一方で、産業構造の変化によりハード(製品)を製造販売していた企業がソフト(ソリューション)提供に移行するなど、イノベーティブな新規事業や、固定概念を打破するREブランディングが必要な市場創造のBtoBマーケティング領域があります。この領域は新しいビジネスを提案してきた欧米企業は得意であり、長年製造業中心に成長してきた国内企業は遅れを取っているマーケティング領域と言えます。

インテグレートのBtoBマーケティングとは

  • インテグレートは、大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業規模、業界のBtoBマーケティング支援実績あります。それらはいずれも、新たなチャレンジを必要とする企業のマーケティングシナリオの策定と具体的なコミュニケーション活動の実行支援です。
  • マーケティングシナリオ策定において、BtoBにおいても重要なのは導入意思決定者や関与者の把握と、ターゲットにどのように態度変容すると導入意思決定が下されるのか、意思決定者や関与者の目線で(カスタマーセントリック)で明らかにし、企業の購買行動を予測設計する戦略が根幹となります。

BtoBにおけるIMC設計

  • BtoBにおいてターゲットとなる、意思決定者や関与者を取り巻く情報環境は業界や職位により様々です。忙しいビジネスパーソンであるターゲットの意思決定を促す為に、ターゲットが有益と考える情報源(ビジネスメディアやオピニオン)を味方につけた情報発信や、ビジネス成功に重要な要素である営業部門を巻き込むIMC設計を行います。
  • また、BtoBはBtoCとは異なり業界により専門的な知識が必要となり、業界に合わせたIMCの設計やシナリオ設計を心掛けます。