超戦略PRとは

超戦略PRとは

  • 情報過多と言われる昨今、広告で商品やサービスの認知を得るだけではターゲットである消費者の気を引き留め、購買促進することが難しくなっています。
  • 戦略PRは、モノやサービスを買う動機づくりにするための課題を顕在化させる、興味関心を持たせることで、ダイレクトな商品訴求をするよりも、購買動機を作り出すためのマーケティング活動に親和性の高いといわれるPR手法です。

市場創造PRが必要な訳

  • 今日、戦略PRは企業が商品やサービスをメディア露出するための手段や第三者による関心喚起の手法と位置付けられることがあります。
  • しかし、それでは広告代替でしかなく、消費者の購買喚起といった本質的な課題の答えにはなりません。
  • そこで、消費者が求める価値に寄り添い、新たな市場を創造(世の中ゴト化)することで、ステークホルダーを味方に付け、購買促進する市場創造型のPRが本来の戦略PRであり、今の時代に必要なものです。

市場創造PRが成功するには

  • 社会を巻き込み、味方につけるために、消費者(“自分ゴト化“)はもちろん、メディア、オピニオンリーダー(有識者)、更には流通チャネルのインサイトや状況をしっかり把握し、その商品・サービスを「買いたい」と思う情報環境 (“世の中ゴト化”)を、経験やカンではなく、各種調査を通して緻密に設計し、計画的に創り上げることが必要不可欠です。
  • また、この計画を絵に描いた餅にすることなく、リアルに計画的な実行をしていくための、豊富な経験値と実績によって裏打ちされた“実現力”が必要となってきます。