Services 提供サービス

コンテクスト設計

「マーケティング施策は色々と試しているのだけど、なかなか上手くいかない、結果が伴わない」という声をよく聞きます。このような場合、お話を伺うと、自社商品・サービスの訴求ばかりに目が向いているというケースが往々にしてあります。

ターゲットに振り向いてもらい、彼らが実際に“動く”ために、“どのような情報をどう伝えたら良いのか?”を顧客視点によって設計。あらゆるマーケティング戦略の根幹となるコンテクスト(文脈)開発を、経験豊富なスタッフがご支援いたします。

コンテクスト設計に取り組む際の「ありがちな思い込み」と本来の「あるべき姿」

ありがちな思い込み

  • 認知さえしてもらえれば、売れるはず
  • メッセージが伝わったから、売れるはず
  • ターゲットのことは一通り理解している

あるべき姿

  • 購買まで繋がるパーセプション(認識)ステップのどこで離脱してしまっているのかを把握する
  • 「伝わる」だけでなく「理解」し「買いたくなる」ストーリー(コンテクスト)を設計する

調査分析によりパーセプションを可視化し、必要なコミュニケーションを構築

イメージ図

解決アプローチ

  • ターゲットを理解するパーセプションMAPを作成することで、コアコンテクストを明らかに
  • 商品・サービスに関わるステークホルダー(消費者・メディア・有識者・流通)のインサイトを深く把握し、社会環境のトレンド変化を踏まえた上で、ターゲットの理想的なパーセプションに導くコンテクストを設計
  • パーセプションチェンジ(態度変容)が実現できるコンテクストか否かの受容性検証を実施
  • BPI(ブランドパーセプションインデックス)※消費者の 「行動」 だけではなく、頭の中にある 「パーセプション(認識)」 の変化の把握を可能にするために、購買にどれだけ近づいているかを示した指標(インデックス)

ケース紹介

  • トイレタリー製品メーカーA:新製品発売と共にCM大量出稿により認知は獲得するも、売り上げは伸びず。コンテクストを再設計することで売上のV字回復を実現。
  • BtoBソリューションベンダーA:ソリューション導入意思決定者のコンテクストを設計し、導入拡大を実現。
  • 製薬企業A:ドクターの製剤に対する理解を再定義することで、処方拡大を実現。

インテグレートの各種サービスに関するお問い合わせや導入をご検討されているお客様の各種ご質問やご相談などを承ります。「お問い合わせフォーム」より、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ