清水 優一

2012年入社

統合ソリューション部 1グループ チーフディレクター

Profile

2012年東京大学卒業後、インテグレートに入社。大学時代は大学OBとの交流団体に所属し、大学OBとともに広告勉強会や東日本大震災復興支援団体など様々な企画・団体の立ち上げ、運営に携わる。インテグレート入社後は通販会社やペットフード会社など多種多様な業界のIMCプランニング業務を担当。あだち充好き。

清水 優一

大学時代は何をしていましたか?

興味のあることにはとにかく挑戦していた大学時代

大学では心理学を専攻していましたが、学部での勉強以外にも様々な活動をしていました。サークルで、大学のOBと学生を繋げてとにかくおもしろいことを企画したり、広告代理店の方々と一緒に勉強会を開催したり、最先端のデジタルクリエイティブエージェンシーでアルバイトをしたりと、興味のあることにはとにかく挑戦する日々でした。

インテグレートに入社を決めた理由は?

「広告という枠にとらわれず、どうしたら人を動かせるか」ができる

大学1年生の頃は、CMを作る人になりたいと思っていました。ところが、サークルを通じて出会った大手代理店のクリエイターの方から、「これからは、CMだけの時代じゃない」という話を聞き、コミュニケーションデザインという考え方と出会いました。そして勉強をしていくうちに、広告という枠にとらわれず、どうしたら人を動かせるかをフラットに考えるのが楽しいと思うようになりました。 そんな中、就職活動中インテグレートと出会い、ここであれば自分のやりたいことが実現できるのではないかと思い、決めました。

実際に入社してみてどうでしたか?

理想論ではないリアルなマーケティング

手法にとらわれず、とにかくどうしたら人を動かせるかということを、日々考えて仕事をしています。もちろん、思い描いていたことを実現するには、大変なこともたくさんあります。特に学生の頃と比べて意識が変わったのは、費用対効果をいかに上げていくかというところです。お金を稼ぐということは本当に大変なことであると、実感しています。 社長をはじめ、メーカー出身の先輩方が多いため、クライアント側の事情をしっかり理解しながら、理想論ではなくリアルなマーケティングができるのが、インテグレートの強みの1つだと思います。そんな先輩方と一緒に、着実にプロジェクトを前に進められているということを実感する瞬間はとても楽しく、やりがいを感じます。

後輩へのメッセージをお願いします。

前進するエネルギーと柔軟性が大事

自分が入社した当時はとても生意気で、とにかく自分の意見を貫き通したいと思っていました。「こうしたい」という強い意思を持ち、前に進むエネルギーがあることは、とても重要だと思います。そしてそれに加えて、柔軟性があれば、インテグレートにはたくさんのことを吸収しチャレンジできる環境があります。 私も、これから経験を積みながら、大きなプロジェクトを一人でリードしていくことができるよう、努力を続けていきたいと思います。

一覧へ戻る