倉渕 雄太郎

2013年入社

統合ソリューション部 2グループ ディレクター

Profile

立命館アジア太平洋大学(APU)在学中、頑張っている人にスポットライトを当てる方法を模索していたところ、PRと出会う。入社後は、機能性食品を中心に、トイレタリー、コーポレートPRなどを担当。「人が思わず動きたくなる」をテーマにコミュニケーションストーリーを設計。実際に多くのメディア露出によって担当商品に注目を集めるきっかけを生み出している。趣味:Barで時間を過ごすこと、料理。漫画「NARUTO」が大好き。

倉渕 雄太郎

インテグレート入社前はどんなことをしていましたか?

大手広告代理店への就職を志望

大学では、サークル等でリーダー的に先頭を切っていくタイプで、様々な活動に積極的に参加していました。 就職活動を意識する中で、当初は広告業界に興味を持っていました。特に大手の広告代理店を志望しており、理解を深めるためにそれらの企業の方がお話されるセミナーにはできるだけ参加していました。そんな中、あるセミナーでゲストスピーカーとして登壇していたのが、インテグレートCEOの藤田さんでした。これをきっかけにインテグレートを知り、興味を深めていきました。

インテグレート入社へのきっかけは?

生活者を動かす情報設計

セミナーでインテグレートの事例を聞くと、自分が一生活者として知らず知らずのうちに影響を受けていたものが多く、とても驚きました。以前自分が情報番組の企画で見て強い印象を受け、実際に行動を起こしたあの経験は、実はインテグレートが「人を動かす」ために情報設計していたプロジェクトだったのです。 広告だけではない、PR発想でのマーケティングの統合的なアプローチにより、自分が実際に影響を受けていたことを改めて知り、インテグレートへの興味が増していきました。 また、それまでは正直、「大手企業がかっこいい」と安易に思っていたのですが、理解を深めるにつれて志向が変わりました。自分も会社を創りあげていく一員となり、自分の大切にしたいことや個性を歓迎してくれるような会社の規模感・柔軟性を魅力的に思うようになりました。

実際に入社してどう思いましたか?

視野が広がり深まっていく実感

入社前、実際にはどうしたら人を動かすことができるのか、よくわかりませんでした。生活者は人それぞれ、まったく違うことを考え行動しているのに、どうしたら多くの人の意識を変え、そして態度変容を起こせるのか、ということです。 しかし、実際に先輩方と一緒に幅広く様々な案件に携わり経験を重ねることで、自分の中で少しずつ理解できるようになってきました。自分が疑問に思っていたことが「こういうことだったのか!」と、ひとつひとつクリアになる瞬間はとても楽しく、視野が広がり深まっていくことを実感しています。 あるトイレタリー商品の事例では、チームで考えたあるメッセージがフックとなり、多くのメディアでその商品のストーリーが取り上げられ、リアルタイムで人が反応し、物が動いていくのを見ました。魅力を伝えたい商品を、どういう視点、切り口、順番で伝えるのが良いか、とても勉強になりました。

あなたにとってメディアの方はどんな存在ですか?

相手にとって必要な存在になること

当初は、厳しいことを言われることが多く、メディアの方々をとても遠い存在だと思っていました。今でも、初めてお会いする方には距離を感じます。だからこそ、どうしたら仲間だと思ってもらえるか、必要な存在だと思ってもらえるかを考え、努力し、徐々に関係性を深めていくことを楽しめるようになりました。相談したり、教えていただいたりすることも多く、結果的にいい信頼関係ができるようになってきました。

インテグレートのいいところは?

安心して挑戦することができる環境

甘やかすことなく指導し、時にはチームの仲間として一緒に喜んでくれる心強い先輩がたくさんいることです。入社式で「先輩たちはちゃんと見てるよ」と言われたのがとても印象に残っています。当時、私はこれをとてもネガティブな意味に捉えてしまい、見張られるのかと思っていましたが、そんなことではありませんでした。 新卒で経験が浅かったとしても、努力したり結果を出したりすれば、それが周りを巻き込む原動力になり、信じてもらうことができるということです。先輩たちが自分を見守って、信じてくれているからこそ、安心して挑戦することができています。 発信したい情報を、ただメディアで露出するだけでは意味がないと考えています。入社前、自分が感銘をうけたような、「人を動かせる」ストーリー設計をしたいです。そして、実際にたくさんの人が動きたくなるきっかけづくりができるように、今後も知識や経験を深めていきます。

一覧へ戻る