石見 亜紀子

統合ソリューション部 2グループ チーフプランナー

Profile

立教大学卒業後、日系・外資系広告会社にて、一貫してマーケティング/ストラテジックプランナーとしてコミュニケーション戦略立案、ブランディング業務(新規ブランド開発、リブランディング等)に携わる。化粧品・食品などの消費財を中心に、流通、医薬品、乗用車など幅広く担当。2012年よりインテグレートにて、情報クリエイティブ、IMCプランニングを通じて、クライアントの課題解決を行う。趣味は旅と音楽、アート。関心テーマは地域活性化。

石見 亜紀子

インテグレートに入社する前は何をしていましたか?

外資広告代理店にてストラテジック・プランナーとして勤務

新入社員の時からずっと、広告代理店にてマーケティング、ストラテジック・プランナーとしてクライアントの商品やサービスのコミュニケーション戦略をプランニングする部署におりました。市場や消費者の調査、社会動向等を分析し、コミュニケーション戦略の軸足になるコンシューマーインサイトやコアアイデアを導き出し、クリエイティブや、メディア、デジタル、SPなど関連する部署にブリーフィングするのが仕事でした。 10年以上昔は、上司から「サッカーでたとえるならボランチ的な役割になれ」と言われていましたが、情報環境や広告コミュニケーションの手口も変化し、基本的な戦略をもとにしながら、チームみんなでアイディアを出し合うスタイルにシフトしていたと思います。 イチから新しいブランドの立ち上げなどにも係われたのでよい経験をさせていただいたと思っています。

転職先にインテグレートを選んだ理由は?

広告の範囲ではできなかったことができそうな会社

広告を中心としたコミュニケーションは、認知度や好感度を上げることは得意なのですが、たとえば流通向けのツールや施策を提案できても、流通と実際に交渉するなど、そこから先はなかなか関与できません。前職でもアーンドメディアやSNSでの拡散なども当然のようにクライアントから期待されていましたが、広告のようにはコントロールが難しく限界を感じていました。 インテグレートは、流通インサイトやメディアインサイトなどマーケティングの重要なステークホルダーのインサイトまで捉え計算した取り組みをしていて、従来の広告会社の範囲ではできなかったことが、できるのではないかと思いました。 メディアの変化によって広告だけで解決できないことも増えていたので、この先仕事を続けていくためにはもっと違うスキルを身につけなくてはいけないという危機感もありましたね。

インテグレートのいいところはどんなところですか?

新しいスキルが身についているという実感

インテグレートでは前職よりさらに突き詰めた緻密さが求められているので、未だに試行錯誤しながら業務にあたっている部分も多くあります。その分、ルーティンで仕事をするのではなく、毎回課題をクリアしていく感覚を持ちながら仕事が出来ています。 マーケティングコミュニケーションのプランナーとして、今までとは違うスキルが身についているという実感はありますね。 そして同時に、成果がクライアントの役に立つものであるという自信も今まで以上にあります。案件が多く、早くから責任ある仕事を任されるので、チャンスは沢山あると思います。チャレンジすることを推奨している環境も、若い人にはもちろん、ある程度経験があって新しいことを学びたいという人にもいいですよね。 領域を超えてチーム全員でアイディアを出し合って進めていくことも多いので、決まった領域だけでなく、案件全体に幅広く関われることが楽しいです。

インテグレートに向いている人はどんな人ですか?

常に進化するビジネスを楽しめる人にオススメ

インテグレートと同じソリューションやビジネスをしている会社は、他にはありません。前職まででやってきたことがそのまま通用する人はなかなかいないのではないでしょうか。ですから、新しいことに挑戦して成長したい、自分の幅を広げたいという意欲がある人に向いていると思います。 また、会社自体が時代に合わせて常に変わっていくので、それを楽しめる人にはいい環境だと思います。すでにマーケティングに関わっている方で、もっときちんと課題解決をしたいと思っていらっしゃる人にも向いていると思いますね。私は新しいスキルを身につけたいという意志を持って入社しましたが、これが、忙しい中でも頑張れるモチベーションになっています。 自分の市場価値をあげたい、もっと色々なことができるようになりたいという目的意識をハッキリ持っている人であれば、楽しんで働けるのではないでしょうか。

一覧へ戻る