PressRelease プレスリリース

山田まさる(インテグレートCOO)最新著書『統合知』(講談社)・1月31日(火)刊行

 IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)を専門的に実践しているプランニング・ブティックを率いる山田まさる(株式会社インテグレートCOO)の2冊目となる著書、『統合知−“ややこしい問題”を解決するためのコミュニケーション』が1月31日に講談社より発刊の運びとなりました。

 被災地支援、空調節電、節電レシピ、風評被害対策…。東日本大震災から約1年、未曽有の出来事の後、「社会的問題(ソーシャル・イシュー)」の潮流が強まるとともに、“コーズ(大義のある)マーケティング”、“エシカル(道徳的)消費”などマーケティング・テーマも社会化し、企業の取り組みに大きな変化がおきました。
 他方、ソーシャル・メディアの急速な普及もあり、メディアも大変革の時を迎えています。今、マーケティングコミュニケーションがあらゆる意味でソーシャル化しています。これらの変化に伴い、既存の方法論では対処できない複雑多様な問題=“ややこしい問題”が続出しています。

 はたして、社会の転換期における新たな解決策はないのでしょうか?
 本書において、著者はまず、今までの競合との比較競争、相対的価値の追求ではなく、さらにへの貢献を目指した本質的価値追求へのシフト・チェンジの必要性を説いています。
 その上で、著者が見出した解決策は、「統合知」。人間の知恵やアイデアを集積することで、その知恵が関与者をまとめ、メディアを統合するための戦略の核になると提唱。そして、知識を統合して、人を動かしていく「コミュニケーション・リーダーシップ」の重要性を指摘しています。

 真の競争優位を確立するために、これまでの比較競争、優劣至上主義から、人知をインテグレート(統合)したマーケティングコミュニケーションへ――。時代の節目に生まれた新たなソリューション、その詳細を豊富なケーススタディーとともに解説していきます。

統合知

タイトル :「統合知−“ややこしい問題”を解決するためのコミュニケーション」
発行所 :講談社 発行日 :2012年1月31日
仕 様 :四六版 ソフトカバー 248頁 定 価 :本体1,500円+税
著 者 :山田まさる(株式会社インテグレート COO/株式会社コムデックス 代表取締役社長 )

<参考>

◆タイトル:「統合知−“ややこしい問題”を解決するためのコミュニケーション」

◆本書の内容
序章 難問解決への挑戦
第1章 今なぜ、問題が“ややこしく”なってきているのか?
第2章 ソーシャライズ!2つの文脈が重なるところ
第3章 難問解決コミュニケーションの要件定義
第4章 『統合知』の実践/奮闘編
第5章 『統合知』の実践/展望編
終章 統合知/難問解決への取り組みがもたらす力

リリース全文(PDFファイル:679KB)

<本件に関するお問い合わせ先>
(株)インテグレート 担当:熊谷・小暮
電話:03-5771-5514 FAX:03-5771-5524