PressRelease プレスリリース

インテグレート、中国のSNS解析会社普千(上海)と業務提携 「訪日中国人客向け統合型マーケティングサービス」を7月より開始

株式会社インテグレート(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:藤田康人 以下 インテグレート)は普千商務諮訊有限公司(本社:上海 代表取締役:宮田将士 以下 普千)と業務提携し、「訪日中国人客向け統合型マーケティングサービス」を2015年7月より開始します。

本サービスは、インテグレートの強みである消費者のインサイトに立脚したメッセージ開発力と普千の強みであるSNS解析による中国人の購買特性の洞察力と情報発信のネットワーク力を掛け合わせた、全く新しいインバウンド需要喚起のマーケティグサービスで、国内の製薬、化粧品、トイレタリー、家電各社のマーケティング・ニーズに応えていくものです。

昨今インバウンド需要が急激に高まり、渋谷や銀座、秋葉原などでは、訪日中国人客が大量の買物をする姿が目立っています。2020年のオリンピックに向けこの熱はさらに加速することが予想され、インバウンド需要の波に上手く乗った企業が、今後大きく成長していくチャンスを得ることは間違いありません。

インバウンドでの購買行動は特殊で、国内需要とは異なる対応が求められています。中国人客は、短い期間で大量の買い物をするために買うものや場所もあらかじめリスト化して決められており、来日する前に購買商品は決まっているといわれています。そこで、本サービスでは、中国人客のカスタマージャーニーを解析して、訪日前からの効果的な機会を捉え購買行動を促す統合型マーケティングを展開します。

【訪日中国人客のカスタマージャーニーへの対応】
旅行前、旅行中、旅行後の訪日中国旅行客のカスタマージャーニーを探索し、分析。 訪日中国人客のカスタマージャーニーに対応した最適なソリューションとして、オンラインとオフラインを統合したマーケティング施策を実施する。

 

【インバウンド】カスタマージャーニー

【本サービスの特長】
①統合型マーケティングの専門エージェンシーであるインテグレートと中国人客の購買行動を熟知する普千と共同で開発したオリジナル・サービス
②インテグレートは、統合マーケティングのプランニングを担う。中国人のインサイトを捉えたストーリーとコンテンツにより、訪日中国人客の購買行動を喚起するオリジナル・メッセージを開発する。
③普千はSNS解析による中国人の購買特性の分析及び中国のWebメディアとのネットワークによる情報拡散及びSEO対策。施策後のソーシャルリスニングでの効果測定・検証によるマーケティングプログラムの最適化を図る。

 

【インバウンド】ITGエグゼキュージョン

◆株式会社インテグレート 会社概要:
社  名:株式会社インテグレート
代表者:藤田 康人(代表取締役CEO)
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-20-1
設 立:2007年5月1日
資本金:3,000万円
http://www.itgr.co.jp/
事業内容:
IMC(Integrated Marketing Communication:統合型マーケティング)を専門的に実践するプランニングブティック。PR会社を傘下に持ち、販売や集客、商品企画などマーケティング領域において、調査分析に基づいた事業シナリオ設計から、PR・広告・店頭販促・デジタルなどコミュニケーション施策までワンストップで提供している。消費者だけでなく、社会、メディア、流通のインサイトを的確にとらえる「情報クリエイティブ」という独自のメソッドにより「話したくなる」「共有したくなる」ストーリーをデザインし、マーケティング課題を解決。事業のビジネス・プロセスを統合し、マーケティング・マネジメントの最適化を目指している。

◆普千(上海)商務諮訊有限公司 会社概要:
社名:普千(上海)商務諮訊有限公司
代表者:宮田将士(社長)
所在地:上海市金雨路 55 号 401D-501D
設 立:2001年10月1日  2010年より社名を普千(上海)商務諮訊有限公司へと変更
http://www.pqshanghai.com/jp/
事業内容:
2004年より中国メディア及びソーシャルメディアデータの収集、整理サービスを開始。2010年に社名を普千(上海)商務諮訊有限公司へと変更した後は、中国メディアの情報拡散の構造、実態把握、ソーシャルメディア上のネットユーザーの生態、実態、本音、意見等を収集、分析に、より注力し、マーケティング、PR、コミュニケーション戦略コンサルティングを提供。

リリース全文(PDFファイル:160KB)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテグレート 担当:萩原・小暮・藤野
TEL:03-5771-5514
»お問い合わせフォームはこちら