インテグレートの次世代IMCプログラム ゴールは、消費者を「動かす」こと

課題を共に解決する真のパートナーとして消費者を動かすことがゴール

課題を共に解決する真のパートナーとして消費者を動かすことがゴール

インテグレートでは、マーケティングとは「売れ続ける仕組みづくり」だと捉えています。
一般的にマーケティングと言うと、短期的に売れるための手法やテクニックのことと捉えられることがあります。しかし、経営戦略や事業戦略を立てるだけでも、広告やWebサイトをつくるだけでも、PRや販促を行うことだけでも、それらが個別にしか行われていないのであれば消費者を動かすことはできません。

すべてを俯瞰で捉えつつ、統合的な設計を行い実施することによって継続的にビジネスが成長していくそのプロセスこそが、真のマーケティングではないかと私たちは考えています。
デジタル領域が急速に発展し、いまだ進化しつづける現代だからこそ、私たちは日本企業の持つ様々な課題にマーケティングの観点から向き合い、共に解決する真のパートナーとなることを目指します。

IMC(統合型マーケティング)を実現するための戦略設計と実施管理

インテグレートは「情報クリエイティブ(iCR)」を中枢に据えた独自のプログラムによって、
最適なIMCソリューションを提供します。

私たちはマーケティングの課題・目標を解決するために、販売や集客、商品開発などマーケティング領域に特化し、事業シナリオ設計からPR・AD・SP・デジタルまでワンストップで、最先端のソリューションパッケージを提供します。研究成果や調査分析など様々な事実(ファクト)に基づいた精度高い情報開発を行い、多様な施策を組み合わせ、その施策特性に応じて発信内容や発信時期をコントロールしながら、最も効果的な意識変容・行動変容を図る情報発信を行います。