山口 亜也子

パーセプション戦略部 マネージャー シニアストラテジック・ディレクター

Profile

大学卒業後、広告代理店入社。営業担当として7年間従事。インテグレート入社後は、立場を生かし、女性、ママ向けの商材においての消費者行動分析からIMCプランニングの戦略立案、実施を担当。趣味はジョギング、ゴルフ。

山口 亜也子

インテグレート入社前は何をしていましたか?

広告代理店での営業としてクライアントと向き合う

クライアントと向き合って、話合いながら一緒に課題を解決していくことが好きで、前職では広告代理店で7年間営業をやっていました。営業は、何かに特化した知識があるだけではダメで、幅広く全体を見ることができる立場だというのがとても面白く、魅力的な仕事でした。

インテグレート入社への入社のきっかけは?

クライアントの課題を本質的に解決するのは何か

広告業界はとても楽しかったのですが、ビジネスモデル上、売り物が広告、特にテレビCMに寄ってしまいます。仕事を深めていく中で、クライアントの課題を本質的に解決するためには、本当にテレビCMでいいのか、疑問を感じていました。 そして、広告だけではなく、もしくは何かに特化するわけでもなく、WEB、流通、店頭、PRなどを含めて統合的にマーケティングを考え、課題解決に最適な方法を選ぶべきなのではないかという思いが高まり、インテグレートに入社をしました。もちろん、事業会社でマーケティングをやるという選択肢もあったのですが、いろんな商品に対してマーケティング活動をしたいという思いがありました。

実際に入社してどう思いましたか?

その道のプロたちと共に、自らも成長できる環境

まず、以前と比べて発想の仕方が変わりました。どうしたら人を動かせるか、話題をつくりだせるか、限られた予算の中でもいろんな方法があります。広告会社、PR会社、デジタルマーケティング会社…等々、何かの領域に特化した会社は数多くありますが、全体を統合して考えながらマーケティングできる今の環境は、とても面白いです。 領域が幅広いので、新しく学ぶことも多く大変でした。しかし、社内には、それぞれその道のスペシャリストが集まっているので、社内を走り回っていろんな人からの知見を集約すると、全部が揃ってひとつのプランを完成させることができます。そしてそれが自分の知見となって日々成長することができています。 正直、広告代理店にいた頃は、広告のことしか知りませんでした。WEBについてもPRについても、外注していることが多く、外注先と日程調整するだけでも時間がかかりました。しかし今は、社内のプロたちと一緒に、スピード感を持ってクライアントの本質的な課題解決をお手伝いできている実感があります。

働くママとして、大変なことも多いと思いますが…

やりがいのある仕事を楽しめる生活サイクル

様々な制約がある中で、家庭と仕事の両立をする生活はとても大変です。他社では時短の場合、内勤の仕事しかできないケースも多いと聞きますが、私は時短という働き方でも、大きなクライアントのアカウントを担当し、責任のあるポジションを与えてもらっています。クライアントと向き合って仕事をするのが好きな私にとって、とてもありがたい環境です。プレッシャーはありますが、やりがいはあります。 子どもを寝かしつけてから、家で遅くまで作業をすることもありますが、かならず12時には寝て、6時までには起き、可能な日には朝ランニングして、体をリセットしています。このサイクルが回ると、とても体調がよく、大好きなお酒を飲み過ぎることもなくなります(笑)。

仕事でいちばん楽しいと感じるのは、どんなときですか?

女性の感性で女性市場を切り開く

今、女性向け商材を扱うクライアントを担当しているのですが、社内の女性メンバーで結成しているこのチームは特に心地よく、パワフルに楽しく仕事をしています。ターゲットである女性をどう口説くのか、自分だったらどうしたら買いたくなるか、自分で腹落ちしなければ、納得して進められません。チームのメンバーは、それぞれ自分の考えを持っているので、メンバーでとことん話すことが重要です。それが、チームに貢献しているという意識にも繋がります。 市場活性の鍵は女性にあるとも言われていますし、これからも女性の感性や強みを活かして、仕事を楽しんでいきたいと思います。

一覧へ戻る