上野 実佳

2014年入社

統合ソリューション部 第2ライン チーフディレクター

Profile

大学卒業後、フリーペーパー媒体社、インターネットサービス事業会社にて、広告営業を経験。
2014年よりインテグレートに入社。PR発想でのマーケティングコミュニケーション設計やメディアプロモートに携わっている。

上野 実佳

インテグレート入社前は何をしていましたか?

広告営業からのキャリアスタート

大学卒業後、フリーペーパーの会社で広告営業として就職しました。そこでは、地元の飲食店や美容院へ飛び込み営業をすることが初めての仕事でした。その後インターネットの媒体社に転職し、そこでも広告営業として働いていました。「世の中に何かを発信する」仕事に昔から興味があったので、それを軸にして仕事を選んでいました。

インテグレート入社のきっかけは?

広告だけで本当にいいの?という疑問

前職のときは、広告営業という役割でしたので、基本的にはメッセージを伝える手段も広告を中心として考えていました。ただ仕事をしていく中で、お金を払って広告を出す以外にも世の中にメッセージを伝える方法はあるのではないか、広告ありきのコミュニケーションで本当にいいのか疑問に感じる場面がでてきました。 そんな時に、コンテンツを作り、メディアや専門家、さらに世の中まで巻き込んでいくPRという手法を知り、興味を持ちました。PRだけでなく、色々なマーケティング手法や考え方をフラットに考え、最適な組み合わせで実施するというインテグレートの考え方に、他のPR会社に比べて幅広い領域でいろいろな仕事ができそうだなと思ったのも、入社の後押しとなりました。

実際に入社してどう思いましたか?

求められるレベルが高い

入社後「インテグレートさんだから頼んでいます」というお客様が多いことにびっくりしています。これまで関係性を培ってきた先輩達の力や信頼によるところが大きく、まだまだ越えられない壁があるなぁと思っています。社内外問わず高いレベルを求められていると感じる場面が多いので、そこを越えてやろうというのが今のモチベーションになっています。 また、さまざまな背景を持った人が集まっているので、社内にたくさんの知見があることにも驚きました。何か困ったことがあっても、社内のどこかに分かる人がいるというのは、とても心強いことだと思います。気軽に聞ける人が多いので、一緒に仕事をしたことがない人でも、丁寧に教えていただけるのはありがたいです。立ち話でいつのまにか20分経っていたというようなこともあるんですよ(笑)

これからどうなっていきたいですか?

「あなたに頼みたい」という存在に

個人的な目標になりますが、クライアントに会社名義でなく私自身の名前で仕事を任せてもらえるような存在になりたいです。そうなるためには、自分の強みを生かしながら、今弱い部分も補強していかなくてはならないなと考えています。 ずっと営業職ということもあり、対人コミュニケーションは得意だと思っていますが、一方で足りない部分も明確になってきました。特に、知識の幅を広げることやプランニング力・分析力なども経験を積んで磨いていきたいです。今より良いコミュニケーションをとれるようになって、自分を確立していきたいと思います。

一覧へ戻る